まつげが薄くて少ないのってどうしたらいいの?

外国人のように長くてキレイにカールしたまつげは羨ましいですよね。まだまだ小さな赤ちゃんなのに長くて量もあってカールしてると羨ましいって言っちゃいますよね。そんなあなたでもハリのある長いまつげは夢じゃないです。まつげの育毛が出来る「ケアプロスト」を使ってみませんか。

*

まつげが伸びる効果のあるマッサージとは

      2016/12/02

まつげが短い、少ないなどの悩みを持たれている人は多いと思います。

まつげが伸びるにはどうしたらいいのだろう?と考えているのではないでしょうか。自分で出来る対処法としてぜひ試していただきたいのが、目のまわりのマッサージです。

効果的なマッサージの方法

まつげが伸びるためには血流を良くする事がかかせません。なぜならば、血液によってまつげに栄養が運ばれるからです。
そのために血流を良くする効果のあるマッサージをぜひ行いましょう。

マッサージ前に温める

まずお風呂に入り身体を温めるか、無理な場合はホットタオルなどで目のまわりや顔全体、首を温めます。

ホットタオルを作るにはタオルをお湯につけても良いのですが、タオルを水で濡らした後に電子レンジで1分程度温める方法も簡単で良いと思います。目の周りの血流をよくするには顔面や首の血流もよくしておく事が望ましいので、まずは鎖骨のまわりの血流を流すように軽く押さえておきます。

首のマッサージ

その後は首をマッサージしていきましょう。

首には太い静脈が2本あるので耳の下から鎖骨にかけて軽く押さえていきます。手のひらで温めながら優しくもむようにしても大丈夫です。その時に強く押したりこすったりするのは良くないので、注意しながら行いましょう。

目の周りのマッサージ

次に目の周りをマッサージしていきます。

まずは眉毛の下にある骨を親指の腹で軽く目頭の方から押していきます。強く押すと眼球を痛めることがありますので、眼球に手があたらないようあくまでも優しく行ってください。

その後は目の下です。目の下にも骨がありますので、その周囲を人差し指や薬指などで目尻から目頭にむかって軽く押さえていきます。目の周りは皮膚が薄くデリケートな部分ですので強く押すと皮膚に負担をかけてしまい、クマの原因にもなりますので十分注意してください。

最後にこめかみから流す

その後はこめかみから鎖骨にむけて血液を流すようにしてください。

こめかみ辺りから顔に血液が送られているので、こめかみの血行をよくすることも非常に大切です。顔のリンパマッサージでも老廃物を流すために鎖骨に向けてマッサージを行うので同じように行って大丈夫です。

目元の筋肉も血行の改善になる

眼の筋肉を鍛えることも血行をよくする効果がありますので、こちらも一緒に行ってみるのもいいと思います。

方法としてはまず、両眼をギュッと閉じます。その後思い切り見開くようにパッと目を開きます。顔の位置はそのままキープし、眼球を右、左、上、下の順に意識的に動かします。マッサージとともに眼の筋肉を鍛えることで血行改善の効果が助長されるのでおすすめです。

時間の空いた時に簡単に出来ますし、お風呂につかりながらなど、出来れば毎日行うことで血行のよい状態をキープしましょう。